スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

banner_01.gif

2008年6月発売、購入予定の新刊コミックたち。 

06/04 集英社 こちら葛飾区亀有公園前派出所160 秋本治
06/05 小学館 おやすみプンプン3 浅野いにお
06/05 白泉社 ビューティーハニー2 マツモトトモ
06/06 秋田書店 不安の種+4(完) 中山昌亮
06/06 講談社 喧嘩商売11 木多康昭
06/12 双葉社 ぽてまよ3 御形屋はるか
06/12 双葉社 妄想少女オタク系4 紺條夏生
06/13 講談社 ライフ18 すえのぶけいこ
06/16 芳文社 珈琲どりーむ5 花形怜
06/17 講談社 BECK33 ハロルド作石
06/19 集英社 犬のジュース屋さんZ2 おおひなたごう
06/19 集英社 パティスリーMON7 きら
06/19 集英社 べしゃり暮らし6 森田まさのり
06/21 スクウェア・エニックス ひぐらしのなく頃に解 罪滅し編4(完) 鈴羅木かりん
06/21 スクウェア・エニックス うみねこのなく頃に1 夏海ケイ
06/21 スクウェア・エニックス ひぐらしのなく頃に解 目明し編4(完) 方條ゆとり
06/23 講談社 ×××HOLiC13 CLAMP
06/23 講談社 宇宙兄弟2 小山宙哉
06/23 講談社 無限の住人23 沙村広明
06/23 講談社 かぶく者3 たなか亜希夫
06/24 幻冬舎 かげふみさん2 小路啓之
06/26 角川書店発行/角川グループパブリッシング発売 ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ2 佐伯淳一
06/26 小学館 メンズ校4 和泉かねよし
06/27 小学館 映画ドラえもん「のび太と緑の巨人伝」 藤子・F・不二雄
06/30 小学館 ボーイズ・オン・ザ・ラン10 花沢健吾
06/30 小学館 フリージア10 松本次郎

5月が少なかったせいか、6月は豊作のようです。全部買うかどうかはわかんないけど。
一言メモ。
こち亀160巻。頑張れ、159巻は面白かったような気がする。週刊少年ジャンプのアンケート集計結果はたまには公開するべきだと思う。てか、第三機関にまかせて公表すべきだと思う。そうじゃないと『太臓もて王サーガ』が未だに打ち切られたと信じられない自分をどう納得させてくれようか。
おやすみプンプン3。おやすミンミンゼミ。
ビューティーハニー2。マツモトトモ氏、久しぶりに読みたくなりました。
不安の種+4(完)。不安の種の白黒をホラーとかミステリ好きな人に貸したら、全然怖くないしつまんない的なことを言われました。これめっちゃ怖がってた自分はなんなんですか。いやマジで怖いと思うけど。いやマジで。ほんとに。怖いですよ。夏ですよ。
喧嘩商売11。今週のヤンマガでは島袋先生(島袋メンバー)への熱いリスペクト魂が感じられます。コミックスに収録されるかわからないけど。
以下略。

06/17 講談社 ケンコー全裸系水泳部ウミショー9(完) はっとりみつる
06/17 講談社 OverDrive17(完) 安田剛士
・・・マガジンは綺麗なカイジとはじめの一歩と絶望先生しか読んでなかったので忘れてました。これ終わっちゃったんですね。両方とも同じ時期にアニメ化されてて、アニメ見ながらこれからマンガ盛り上がるんだろうなーとか勝手に思ってたのに。大丈夫かマガジン。
そういえばジャンプでやってた某面白テニス漫画も6月に最終巻が出るようです。
で、最終回と言えば、『赤灯えなじい』が今週終わって、『BECK』が来月の月刊マガジンで最終回で、『ハクバノ王子サマ』が来週のスピリッツで最終話で、『ホーリーランド』が今週のヤングアニマルで終わってて、なんじゃこりゃーと。楽しみがどんどん減っていく・・・反面新連載への期待があったりなかったり・・・でもスラムダンクが終わった時の衝撃は二度と味わえないだろうなぁと。

とにかく6月はたくさん買うようです。
あ、『君と僕。』も1巻、2巻買ったら面白かったので続きを。

スポンサーサイト
banner_01.gif

ヤングサンデー休刊の危機。 

ヤングサンデー>小学館「休刊を検討」 Dr.コトー、クロサギが人気
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080519-00000017-maiall-ent

まさかヤフーのトップニュースにくるとは思いませんでしたが(トップにははってなかったっけね?)、小学館から絶賛発売中の週刊ヤングサンデーことヤンサンこと近所のセブンイレブンにヤングジャンプとモーニングが平積みされてるにも関わらず発売日にラックに数冊しかおいてないマンガ雑誌が、どうやら休刊になってしまうかもしれないとのことです。嘆かわしい。

これがオレオレ詐欺ならぬ、「休刊するぞするぞ詐欺(休刊するぞ!ヤバイぞ!寂しいだろ!まだ読みたいだろ?だったら買ってくれ!買うならまだ発行してやるぞ!」)的なものなのかどうかは不明ですが、そう思われても仕方がないほどの低空飛行ぶりだったような気がします。内容はそんなに悪くなかったような気がするのになぁ。嘆かわしい。

・・・ヤンサンって何連載してたっけ?
ヤフーニュースのとこに書いてある『ドクターコトー診療所』と『クロサギ』はチラリとしか読んでない事実。
昔は『電車男』やってたなぁ・・・あ、『ソラニン』もヤンサンだったなぁ。『ソラニン』で思い出したけど浅野いにおは『おやすみプンプン連』載してるね。隔週なのかなんなのかわかりませんが。あと『クピドの悪戯』読んでた。あれも続き(じゃないけどそれっぽい)みたいのがやってる。『さくらんぼシンドローム』。読んでる。でも北崎拓は『なぎさMe公認』がよかった。長距離走りたくなりました。
他になにかないかなーと思ったら『アオイノホノオ』がありました。ダントツで面白いなーこれ。(かなり狭い範囲、ピンポイントな分野で)歴史の勉強にもなります。

そんなわけで休刊しないでやんさん。

banner_01.gif

ニフティとイーアクセスはうちの回線を繋ぎ終えた瞬間潰れますように。 

未だにネットが繋がりません。このままでは余裕で二ヶ月経ちそうな勢いです。

イーアクセスから何度目かの電話。
「サーセン、住所間違えてました」
「これじゃNTTさんも確認できませんわ」
「あっはっは」

もちろん誇張表現ですけれども…。
いや、実際はもう洒落にならないくらい丁寧に丁寧に謝って下さいましたけど。
けども。
謝ったとこでネットが繋がるわけじゃないのですよ。
ネットしに漫画喫茶に通って『ルーキーズ』読んだりしたあの無駄な時間は返って来ないわけですよ。

てか謝ってくれるのはいいし、もうどうしようもないのは仕方ないんだけれども、なんかやっぱアレじゃないですか。
結局「ネットみたいな(ひきこもりニートの生活にとって最低限)必要なインフラは、我々のような偉大な企業を通さないと整備されないんだから、お前はもう大人しく隅っこでディーフェンスディーフェンス言ってろ」的な部分ってあるじゃないですか…。
別にプロバイダニフティじゃなくてももちろんいいし、開通してくれる業者もイーアクセスなんかじゃなくていいわけです。けれども。けれども今から別のプロバイダと契約しようものなら違約金みたいのが発生する始末なのです。
…な、なんじゃそりゃあああああああああ。

「イー・アクセスならスピード開通でお待たせしません!」
一般にADSLは、お申し込みからご利用までに1~2ヶ月かかると思われがちですが、イー・アクセスなら最短1週間、10営業日、12営業日で開通できます。
サービスご提供までのステップ(イー・アクセスさんのサイトより)


今時開通まで1ヶ月とか2ヶ月かかるなんて思ってる人がいるのかどうか知りませんが。
が。12営業日で開通できます?
数も数えられないのかいボウヤ…。

実際そんなにイライラしてたわけじゃないんだけど、ネットやりに来た渋谷のワイヤードカフェが全席喫煙で、しかも隣の席の男の人がタバコ吸いまくる以前に汗臭いのにムカついて書きました。
後悔はしていない。

banner_01.gif

今度こそ5月発売の新刊コミック一覧。 

05/02 集英社 ぼくのわたしの勇者学4 麻生周一
05/02 集英社 王様の仕立て屋~サルト・フィニート~18 大河原遁
05/02 集英社 こぞりこぞって大集合 日和キャラ大全集~kozorimakure~ 増田こうすけ
05/02 小学館 イキガミ5 間瀬元朗
05/09 角川書店発行/角川グループパブリッシング発売 おたくの娘さん4 すたひろ
05/10 竹書房 いぬ会社 そにしけんじ
05/15 集英社 NANA ーナナー19 矢沢あい
05/中 太田出版 幾百星霜1 雁須磨子
05/16 講談社 さよなら絶望先生13 久米田康治
05/17 祥伝社 うさぎドロップ4 宇仁田ゆみ
05/23 講談社 ピアノの森15 一色まこと
05/23 講談社 バガボンド28 井上雄彦
05/23 講談社 おおきく振りかぶって10 ひぐちアサ
05/24 幻冬舎 いとしのニーナ2 いくえみ綾
05/30 小学館 ディエンビエンフー3 西島大介

とりあえず読んでるのを挙げただけで、実際に購入するのは今月は数冊という事態に…。
梅雨時期なのに…ひきこもってマンガを読みふけりたいのに…。
てかギャグ漫画日和のってまとめ本(キャラ本)みたいなやつなのかね。んなもん欲しくない!
なにか既刊で欲しいのないかなーと思ってamazonを徘徊していたら、『東京トイボックス』が新装丁になって(随分前に)売られていた様子。…べ、別に欲しいなんて思ってないんだからねッ!

モーニングで絶賛連載中の『GIANT KILLING』。
連載で読まないでコミックで買っておけばよかった…こんなに面白くなるなんて想定外ですよ。絵がいい。内容とは全く関係ないけど細身のGジャンが良い。でももう5巻も出てるからなぁ…。

サンデーで絶賛連載中の『神のみぞ知るセカイ若木民喜
今週はサンデーが合併号でお休みだったせいでテンションがあがりませんでした…というくらい面白い。設定が。
こないだの「世界まる見え!テレビ特捜部」で、北欧美人(?)が4人くらいのイケメン(?)と同じシチュエーションのデートをして、誰が一番良かったかを選ぶみたいな番組を取り上げてたんだけど、この北欧美人(?)がちょっと頭弱くて、このシチュエーションでは絶対コレ!みたいな理想があるわけですよ。
例えば、「公園を歩いてる最中にヒールが折れちゃったら⇒彼氏に抱きかかえられて連れてってもらう」みたいな。もうね…いや、なにも言わないけど。
とりあえず、あるシチュエーションに対しての理想・正解・回答があって、男たちはその回答にいかに近づけるかっていうのが大事なのです。(と言っても途中までしか見てないので、大どんでん返しで、全く理想と異なった行動を取った人を選んだ可能性はありますが…)
で、これって思いっきりギャルゲーみたいじゃないですか?やったことないですけど。やったことないですけど。
ギャルゲーは「女の子を攻略する」必要があるんだけど、女の子を攻略するっていうのは「女の子が求めている理想の行動を選ぶ」ってことですよね。この北欧美人(???)を見ていて、ギャルゲーのキャラみたいだなぁと思いました。
そんなわけで『神のみぞ知るセカイ』は面白い設定だと思います。そのうち攻略パターンが難しくなってくるはず。今はまだ一人しか攻略してないんだけど、その子を攻略するときってデータベースを参照して攻略するんですよね。これからの展開としては何度かはデータベースを参照して攻略するんだけど、そのうちデータベースにない新種のポケモン(女の子キャラ)が現れると。データベースなしでいかに攻略するのか。みたいな感じかなぁ。
データベースっていうのをデートマニュアルに変換すると現実世界でも通用してしまいそうな世の中ポイズン。

あ、絶望先生4巻までしか買ってなかった。
『いぬ会社』っておぎやはぎがやってたやつなのかなぁ。微妙に気になる。
西島大介は『世界の終わりの魔法使い』の方が好きだったり。
『うさぎドロップ』描いてる宇仁田ゆみ先生の『よにんぐらし』も気になる。
マクドナルドの値上げは困る。
『ピアノの森』はまた最近モーニングで見かけなくなった。
いくえみ綾先生をいくえみあやって読んでた仲間はきっといる。
『おお振り』はアニメが先走ってた。良かった。

banner_01.gif

2008年5月発売の購入予定マンガコミックリストとみせかけて福満しげゆき先生への愛を語る猫。 

とりあえず先月の取りこぼし。
04/23 講談社 ルート225 志村貴子

amazonで注文しようとしたら23日過ぎているにもかかわらず、予約受付中とかになっちゃって発送が他のマンガたちとバラバラになりそうだったので保留した志村貴子先生。全然知らなかったけど『ルート225』ってかなり有名な原作(小説)みたいですね。映画にもなったとかなんとか。
原作の文庫版の表紙も志村貴子大先生が描かれているので買うかもしれませぬ。こうして太宰治の『人間失格』のように文庫が売れ出すのでしょうか。さて、5月の新刊。

あ、その前に4月のリストに載ってなかったけど買ったマンガ。
福満しげゆき大先生『うちの妻ってどうでしょう?』
最高すぎる。
モーニングでやってるのとはちょっと見せ方が違う。面白い。アクションで連載中(さすがに立ち読みできないなんらかの壁を感じる雑誌)。
てか、モーニングの連載(『僕の小規模な生活』)ってやっぱり一回打ち切られたの?休載続けてるときに講談社のHP見たら「福満先生は書き溜め中です!原稿料がもらえないので単行本を買って印税生活をさせてあげてください!」みたいに書いてあったような気が…大分記憶の中で誇張されてると思うけど。
んで、書き溜め中のはずの福満先生は、『うちの妻ってどうでしょう?』の中で「モーニング連載の最終回に妻がベランダ側からカーテンを開けて頭をぶつけた話を描いた」って描いてあるんですが…。やっぱり一回最終回ってことで打ち切られたのかな。
モーニングで連載が復活したけど、今のところここの経緯については全くノータッチ。どうなってるのか気になります。

この現に起こってることを描いてるっていうのはなかなかそそられる設定です。
でも、『恋空』にハマってる人に「バカじゃね?」って言うと(わたすは言いませんよ)、その反論として「実話やねんで!?」って返す人がいるようですが(わたすは言いませんよ)、まず実話かどうかをどうやって判断したのかが疑問だし、実話じゃなくて単なる作り話だったら面白くないのか感動できないのか疑問です(わたすが言ってます)。
福満しげゆき先生のマンガはかなり自分の話がベースになってるけれど、もちろんマンガなのでところどころ面白く大げさに描いてある部分はあるだろうし、そもそも妻はもっと細いだろうしとかなんとかかんとか、要は現実ではないというかなんというか。それでも全然面白いって思えるから素晴らしい。
『ちびまる子ちゃん』もそうだよね、うん。みぎわさんは存在しない。顔が怖いから。

…あんな腹踊りを見せてくれる妻がいたら是非お友達になりたいです。
長くなったので5月のマンガは次に。

banner_01.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。