スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

banner_01.gif

今日のクイズマジックアカデミー。 

先日ガーゴイル組に落ちてしまったばかりですが、どうにかミノタウロス組にあがれてピコピコして、なんとかフェニックス組にまできました。正直まだミノタウロス組で良かったのに。まだ上級魔術士。

今日やった問題のメモ。
北島康介並みに気持ちいい単独正解だったので覚えてる一問多答問題。
Q.フランスの哲学者を選べ。
A.ジャック・デリダ
B.フェリックス・ガタリ
C.失念
D.失念

で、正解はAとB!キター!

ちなみに思いつくフランスの哲学者は、
サルトル/存在と無/実存主義
フーコー/監獄の誕生/パノプティコン/エピステーメー
ラカン(哲学か?)/ディスクール/鏡像段階/斎藤環
バルト/零度のエクリチュール/表徴の帝国/文学理論
…もう出てこない。挙げた本は独断。

他には
ドゥルーズ(ガタリ経由ですぐ思い浮かばなきゃ…)/アンチ・オイディプス/リゾーム/器官なき身体
リオタール/ポストモダンの条件/大きな物語の終焉
ボードリヤール/消費社会の神話と構造/シミュラークル
デカルト/方法序説/我思う故に我あり
バシュラール/空間の詩学/買ったけど読んでない
バタイユ/エロティシズム/コジェーヴ/三島由紀夫
メルロポンティ/眼と精神/現象学(じゃないらしい…読み違えたっぽい)
がいる(調べた)。

ニューアカ全盛って感じですね。

スポンサーサイト
banner_01.gif

9月はいつから秋じゃなくて夏になったのか思い出せないからコミック新刊読み漁るかの巻。 

09/04 集英社 こちら葛飾区亀有公園前派出所161 秋本治
09/04 集英社 王様の仕立て屋TheSpecialEdition2 大河原遁
09/05 講談社 喧嘩商売12 木多康昭
09/22 講談社 宙のまにまに5 柏原麻実
09/22 講談社 空色動画2 片山ユキヲ
09/22 講談社 大金星 黒田硫黄
09/22 講談社 宇宙兄弟3 小山宙哉
09/22 講談社 論理少女1 つじ要
09/30 小学館 ぼくらの9 鬼頭莫宏

なんという不作の月。
王様の仕立て屋は買わないしね。このスペシャルエディションとかいう金儲け作品にイラッとした気持ちを忘れないということで書いた。
こち亀は最近調子を取り戻しているような気がしてならない。期待。
喧嘩商売はAちゃんねらーと萌が面白くなるとこ。期待。
宙のまにまにはもういいかな。飽きた。
結局星の鑑賞って、星座やらなんやらの物語みたいな教養を得ないとダメなんですかね。もっと単純に超綺麗やーみたいなレベルで評価するのはダメなんですかね。そんなんが天文部にいてもつまんないだろうけど。まぁラブコメだし。
黒田硫黄いい加減にセクシーボイスアンドロボのつづきをk(ry
宇宙兄弟はモーニングで読んじゃってるからなぁ。面白いけど。ドキドキ感がないですよね。

そろそろもっと守備範囲広げていかないと先細りして終了しそうな予感。
かといって古典に興味ないしなぁ。かといってかといって萌え4コマみたいのも興味ないしなぁ。

まー今は久しぶりのクイズマジックアカデミーブームが来ていて、ちょくちょくゲーセンに遊びに行っているのです。9月12日には待望のQMAのDSが出ますから。買いますから。
マンガよりクイズ!

ちなみに今日やったクイズで、柴門ふみの旦那さんは弘兼憲史である…○か×かみたいなのが出た。
正解は○です。

banner_01.gif

どうでもいいメモ。可能世界とかその他。 

浅田彰「ジル・ドゥルーズのわかりやすい言葉でいえば、この現実のほかにいろんな可能性があるということではなく、ほかならぬこの現実が潜在性においていかに多層的で豊かであるかを発見することが重要なんだ、と。 そこのところを、そのあとで出てきたSFやアニメやコンピュータ・ゲームの類は全部間違えている。(略)本当はこの現実しかない、言い換えればメタロジックなんてものはないんだから。」

↑いつか観たのか覚えてないけど、かつてニコニコ動画でみた浅田彰の動画に書かれていた言葉のコピー。

東浩紀のゲーム的リアリズムは少し違う見方をしている。
大雑把に言えば「この現実の潜在性は不可視なものだ。この現実のほかのいろんな可能性を発見する一つの道具としてラノベ・ギャルゲーのようなゲーム的リアリズムを持つ文芸作品がある。」ということ。

永井均はウィトゲンシュタインを経由してこの世界のこの性を訴えている。

こういうのちょこちょこ勉強したい。

banner_01.gif

「GIANT KILLING」(ジャイアントキリング)全巻大人買いしてもろた。 

コンビニでモーニングをずっと立ち読みしてて、鳥肌たてさせられたり、キター!!って一人で興奮させられたマンガをついに購入しました。こうてもろた。これは立ち読みじゃなくて買わなきゃ…って思った時には数巻出てたから買うのためらってたけど。買うタイミングと勢いは大事ですね。
というわけでジャイアントキリング購入。

GIANT KILLINGは何がいいって絵がいいよ。ツジモト氏の絵。素晴らしい。
今週号のモーニング立ち読みして何に鳥肌立ったかって、監督のタッツミーの履いてる靴ですよ。ウイングチップのメダリオンが味のある雰囲気で描かれてて、ファッションセンターしまむらにマンガ持っていって「この靴下さい」って言いたくなるくらいカッコいいのですよ。
タッツミーのGジャンみたいのは04SSとかのディオールオムみたいな感じでタイトでオシャレなのです。着丈が微妙に長いけど。まぁその分足も長いからバランスとれてていいけど。「パラダイスキス」のジョージみたいな桁外れのモデル体型では全然ないけど、人物の体型のバランスが良いのです。ハロルド作石先生が『BECK』の途中で顔小さくなりすぎてて気持ち悪くみえてたのとは違うのです。

監督視点で描かれるスポーツマンガってちょくちょくあって、スピリッツでやってる『ラストイニング』とか、それこそちょっと前までドラマやってた(まだやってる?)『ルーキーズ』とか、ちょっと変わった設定だったのはスペリオールでやってた『やんちゃぼ』っていうやつで、サッカーで村おこしみたいな感じのやつとか…まー色々あってどれも面白いんだけど、試合の外側の描写が多すぎるのがあんまりのめりこめなかったりするのです。『ルーキーズ』でいうとこの試合と試合の間の「日常描写」みたいのね。描く側も読む側も息抜きになっていいんだけど。
逆にあだち充大先生みたいな「日常描写」7割「試合」2割「サービスカット」1割みたいなマンガも大好きだけど、どうしてもスポーツマンガだと『スラムダンク』みたいなものを期待してしまうので、ちょっと求めているものとは違うなってなってしまう。
でもジャイアントキリングはしっかり試合描いてて無駄がないのが凄く良い。
これは「プロ」が舞台だからなのかも知れないけど。高校野球みたいな「アマチュア」の舞台じゃないから、試合に向けてのことを常に描かざるを得ないのかもしれない。でも『メジャー』が今ゴローからカメラを外して清水に焦点を当ててるみたいのはあるけど。

あと言うまでもなくキャラが立ってる。
バスケは敵味方合わせて最低10人だけど、サッカーは自分のチームだけで11人描かなきゃならない。『キャプテン翼』みたいにザコキャラはほとんど描かないっていう方法もあるし、実際日本代表のサッカーの試合なんかだと対戦相手チームのメンバーの名前なんか2,3人しか覚えなかったりするのが実際のとこだけど、マンガだとそれはちょっと物足りない。
かといって敵チームのキャラまで丁寧に描いてると展開が遅くなるし、単純につまんなくなっちゃったりもする。このマンガはそういう微妙なバランスをちゃんとキープしてると思う。

あーあと下手にキャラの実存的問題みたいのを出さないのがいいです。『スラムダンク』のミッチーみたいに丁寧に流れを描いた上で、「なぜ俺はあんなムダな時間を…」が出せるならいいですけど、たぶん無理。あんなの無理。
各自キャラクターは実はそういうのを抱えてるはずなんだけど、プロフェッショナルは黙って仕事をしなきゃならないってことで描かれてないんだとしたら、凄いなぁ。超いい。

banner_01.gif

アニメ紅kure-nai6話のミュージカルシーンがポニョを超えて気味が悪い件。 

あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!

 『おれは人間が主人公のアニメを見ていたと
思ったらいつのまにか軟体動物動画を見ていた』

な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
おれも何を見てたのかわからなかった…

頭がどうにかなりそうだった…
ポーニョポニョだとかカンフーパンダだとか
そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ

もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…


というわけで、これは凄過ぎる。


最初の部分で真九郎と崩月夕乃がドュエットを始める辺りの絵は、なんか腕の作画酷いな…ってか崩月がに乗せてる腕の遠近感みたいなのがズレてる気がして無駄に枚数使っただけかよみたいな雰囲気でした。ポイントオブビュー固定だったせいもあって、かなり見辛い。の無駄に皺寄ったシャツの袖とか、よく描いたなーとは思うけど、正直飽きました。
が。
九鳳院紫やらが参加し始めた辺りから、カメラがほどほどに切り替わるようになって、かなり良くなってる。それでも九鳳院手を画面前面に伸ばしたとこなんかはかなり厳しいと思うけど。あえて正面から描いてるせいで伸びてる感じがあんまりしない。腕が潰れてる感じがする。
とにかく、一番の見せ所なのでそりゃもう動く動く。無駄に動く。BECKから全く進歩を見せない魔法遣いに大切なことの某監督にも見習って欲しいくらい動く。

で、最後は上からのアングルで総勢6人をいっぺんに、それでいて細かく動かすという離れ業をやってのけるわけですが、ここまで見てやっぱり気持ち悪いなと思った。

この気持ち悪さは中途半端なフルアニメと、中途半端な湯浅政明的デフォルメの、中途半端な掛けあわせによる中途半端な出来のせいではないかと。といってもここで言うフルアニメは、ディズニーアニメの延長でジブリの宮崎駿監督が目指してるような(それこそポニョみたいな)ものではなくて、単に枚数多いだけみたいなもののこと。
湯浅のデフォルメとカメラワークはリミテッドアニメならではの躍動感。身体の節々が極端なほどに強調されたデフォルメと、その節を支点に振り回されるように省略されて動かされる周縁部分はセットじゃないと駄目じゃないか。どう考えてもフルアニメ向けじゃないんだよね。
方向性が全く異なっているものが、偶然なのかわざと狙ってなのかわからないけれども一緒くたにされた結果、ポニョを超える気持ち悪いタコみたいな生き物がぐねりぐねりと動く恐怖動画が誕生した。この恐ろしさは音声をオフにして動画の動きだけを見ると余計に伝わってくる。
とにかくすごいものを見た。満足。

*湯浅みたいなデフォルメって描いたけど、あれって単なる作画崩壊なのかね。いやそんなことないと思うけど。

追記。今見直して思ったけど、最初の二人のシーンの遠近感のズレというか、二人が揃ってない理由はアレだった。崩月が左手をの肩に乗せてんだか乗せてないのかわかんない状態があって、乗せてんだろうなーと思ってたら、の肩があがるときに崩月の手の位置が変わらないという謎の状態を見せられるからなのだった。
もちろん、じゃあ元々崩月の手は紅の肩に乗ってなかったんじゃない、っていうのは可能だけど、その前に紅の胸を撫でる絵があって(正直この時点で紅の胸と崩月の手の間に大分距離があるように見える)、その延長で見せられるから肩に手を乗せてると勘違いしても仕方が無い。というかそもそもこのシーン、あの場面で肩に手を乗せるのはミュージカルのルール(言語ゲーム的)なはずだから、読み方としては間違ってないとか言ってみる。

banner_01.gif

震度3くらいだけど地震あったよー\( ^o^)/ 

震源地だいぶ近かった。
一瞬、ほんと3秒くらいドカってきて、それで目が覚めて、次凄いの来るのかなぁとぼんやり思ってたら、それっきり。
20分くらいそのまま布団でごろごろした後で、急いでテレビをつけて震度を確認しようとしたけど、20分後じゃもう速報やってませんでした。
ネットで調べたら震度3ってことだったけど、もっと大きかった気がしないでもない。とにかく無事でよかったよかった。

banner_01.gif

日刊スポーツ主催、明治神宮花火大会2008に行った件。 

「一万発の花火と音の競演」ということで、昨日明治神宮花火大会に行ってきました。
神宮球場じゃなくて国立競技場の席をゲットしていたのですが、国立競技場では花火を打ち上げるまでの暇な時間潰しとして、Berryz工房のイベントをやっていました。Berryz工房にはあんまり興味ないっていうか、ジッタリンジンの「夏祭り」コピーした人らだよね?夏だし歌ってくれるよね?的な、ホワイトベリーと完全に勘違いしていた状態だったので、あんまり見てなかったんですが。が。
その代わりベリーズ工房のファンと思われる男性諸君が、所謂オタ芸を繰り広げているスタンド席の様子を生暖かくウォッチしました。これはもしかしたら花火よりいい物を見ているのかもしれないと思った次第であります。

で、当の花火なんだけどちょっと拍子抜け。
去年あった冠菊系の花火の数がかなり減っていて、アレを楽しみにしていた私としては少々残念な感じでした。
冠菊、しだれ柳系の花火
一個の大玉でドカーンとしだれ柳を作ってくれる花火がみたい!今年中に見たい!という抱負。

あと花火と煙の間を縫うようにして旋回しているドコモの宣伝飛行船にどうしても気を取られてしまいました。単なる宣伝飛行船なのかと思ったら、「日本飛行船ツェッペリンNTdocomo号」という世界に3隻しかないレアな飛行船だったみたいです。ツェッペリンNTは世界最大の飛行船で、世界に3隻しかない!日本には1隻しかない!んでもって、7人くらいお客さんが乗ってる!とのことです。
飛んでる姿がピラルクみたいで、ちょっと気持ち悪いけどかっこよかった。

そんな普通の夏の日日記。

banner_01.gif

マックはよくやってると思う。iPodは持ってるし。え?そっちのマックじゃないの? 

マックのハンバーガーなどほぼ全商品、月内にも再値上げ

全国約3700店舗が対象で、値上げ幅は数%となる見通しだ。マクドナルドは今年5月にも値上げしている。



今年5月に値上げしたことを知らなかったくらいマックに行ってないことを知ることができて、よかった。そういうニュース
小麦をはじめとする原材料の高騰って元を辿れば原油の生産量がどうこうで原油高がうんぬんという話になるのかも知れないですが、とりあえず世界とネットは広大すぎて把握しきれないだろうし、把握したところで何ができるわけでもないということで最初から情報に対して目を閉じている人はきっといると思います。心も閉じろ!

お腹がすくのがよくない←結論

banner_01.gif

しょこたんブログ超える勢いで更新しまくるには携帯を買い換える必要がある。 

近所に床屋さんがあって、その床屋さんちの居間は外から丸見えで、居間には大きい液晶テレビが置いてあって、いつも羨ましいと思いながら横の道路を通り抜けるのです。
こんな感じのところなんですが。仙川の床屋さん
グーグルストリートビューを使ってみたかっただけなんですが。
どうでもいいけどこの自動販売機にはよくお世話になっています。コカコーラの500mlが130円なのには少し失望しましたが、それでもいつもお世話になっています。

じゃなくて、さっきここの床屋さんの前を通ったら、画像みたいにシャッター降りてなくて中が丸見えで、羨ましい大きさのテレビをちらりと覗いたら、NHKでやってるメジャー(アニメ)が映ってたのが、なんとなく嬉しかった。そんな午前3時の徘徊日記。

それにしてもグーグルのこの機能はどうなんだろう。こういう利用の仕方をする人がいるとダメなのかもしれません。透明の技術(なんてのがあるのかどうかわからないけど)も、要は使う人によってマチマチだよねと。

banner_01.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。