スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

banner_01.gif

ちょこちょこ観てたテレビ情報。 

3月1日土曜日。
「めちゃイケ」で笑わず嫌い王決定戦(前半戦)。
ゲストが千秋と小池栄子だったのはともかく、特に期待していた芸人がいなかったのはともかく、内容もそんなに面白くなかったのはともかく、久しぶりにキングオブコメディを見た。
キングオブコメディは「オンエアバトル」でよく見かけていたし、かなり面白くて好きなコントをしていたので、ずっと昔からyoutubeとかでチェックしていたのです。youtubeに全然動画あがってなかったけどね。今はわかんないけど。
ところが、去年の夏に高橋健一メンバー(ツッコミで顔のいい方)が痴漢で捕まった的な報道がされたのです。ぶっちゃけこの報道しかしらないから、その後どうなったのかはわからないのですが、活動自粛ということでM-1も諦めたとかなんとか。ボケの今野メンバーオンリーで活動していたそうです。一度も見かけなかったような。
しかし漸く高橋メンバーも復帰したようで、しかもめでたくめちゃイケなんていうビッグな番組で華々しく復帰戦を飾ったのですよ。

でもなにより面白かったのが、めちゃイケの後から始まった映画「それでも僕はやってない」。
痴漢の冤罪映画ですよ。高橋メンバーの顔がちょっとカッコいいだけに、冤罪で捕まる主人公の加瀬亮にシンクロ率400%みたいな感じでした。
キングオブコメディをちょっとでも知っている人なら、絶対この放送の流れに何かを感じたハズ。
ただそれだけのテレビ日記。内容皆無ですみません。

3月6日木曜日。
「TVチャンピオン」で小学生偉人通選手権が行われるのをぼんやり観る。
バッハをJ.S.バッハって言ったり、アインシュタインをアルベルト・アインシュタインって言ったり、人の名前を覚えられない自分としては何度もチャンネルを変えてやろうと思いましたが、テレビのリモコンが遠いので諦める。
そんな中で織田信長について熱く語る少年の言葉が忘れられないのです。
大体こんな感じ。

少年「織田信長は凄いんです。」
アナ「どんなところが凄いのかな?」
少年「新しいものをどんどん取り込んでいったんです。」
アナ「例えば何かな?」
少年「鉄砲とか、楽市・楽座とかをいち早く取り入れたのが凄いと思います。」


なるほど。鉄砲とか楽天・楽座を取り入れて活用していった織田信長はきっと凄いんだろうなー。
でもその凄さが我輩には理解できない。アンインストール。
「新しいものを取り入れた」のが凄いのなら、ニコニコ動画とか凄いよね。動画に視聴者のコメントを字幕として流すなんて斬新過ぎるよね。これは凄いなーと思う。
でも鉄砲みたいな、当時は最先端だったにしろ、今じゃなんとも思われないようなものを取り入れて~って聞いても正直凄さが理解できない。想像力が及ばない。
ニコニコ動画はまさに今の出来事で、しかも自分で体験できるから凄さがダイレクトに理解できる。もちろんプログラムみたいな不可視な部分はいくらでもあって、そういうのは想像することすら出来ないけれど、単純に、ニコニコ動画を使っているから凄さが分かるみたいな部分があるのです。

こういう書き方だと体験至上主義というか、体験原理主義みたいに捉えられそうだけど、そうじゃなくて、私の想像力がしょぼくなってきたなーという話であります。
ある物事とか人物が発生したり登場したりする時間と距離が、自分から遠くにいけばいくほど、想像というか観念でしか理解できない領域になってくるわけで、そういう部分に対して理性だけじゃなくて感情が機能するっていうのはかなり大事なことなんだろうけど、大人になっちゃうとそういうのは不要っていうかあると邪魔だったりして、もっと身近で直接的に体験できるようなものを優先的に扱うようになっちゃうんだろうなーと、少年の眼差しを見て思った次第であります。
少年よ、大志を抱け。とクラーク博士は言ってないとか言ったとか。

banner_01.gif

コメント

みそしると、復帰

みそしると、復帰したの?

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://misoshiruufo.blog93.fc2.com/tb.php/112-20f51a12

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。