スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

banner_01.gif

三越でアランペインのニット生産国不当表示。 

以前からそういえばこのブログ、ファッションネタが全然ないなぁと思っていたので、なにかないかと思っていたところ、さっきニュースでアランペインが~…というアナウンサーの声が聞こえてきたので、「アランペイン?」と即反応してパソコン画面から目を離す。

一応ソースはこれ。
三越が「英国製」と不当表示 マダガスカル製セーター

大手百貨店の三越が販売した男性用高級セーターが、実際にはアフリカのマダガスカルで製造されたのに「英国製」と不当表示されていたことが22日、分かった。三越によると、英国のニットメーカー「アランペイン」社製で、購入した客が11月上旬「別の店では『マダガスカル製』と表示されていた」と指摘。確認すると「納期に遅れそうだったので、マダガスカルでつくってしまった」と謝罪したという。



でもこれ、タイトルだけ見ると三越が悪いみたいに見えませんかね。
実際に悪いのはアランペイン社なんだけど。
てかアランペインってめちゃくちゃ有名な老舗で、しかもジェントルマンの国(死語なのか?)英国のブランドなのに。なにしてんの。
バーバリーが英国から中国に生産の拠点を移すって時にはギャーギャー騒いでた気がするのですがジェントルメン。

食品関係の産地偽装問題みたいなのは日本でもよく取り上げられてたけど、こういう服に関する偽装とかは結構知らない人がいるんじゃないかと思うので、ちょっと説明。

よく「この服おフランス製ザマスのよ」みたいなマンガのような自慢の仕方をしている人を(マンガの中で)見かけるけど、実はそのおフランス製の服ってほとんどおフランスでは作られてない場合もあるのです。
極端なことを言うと、裁断、縫製までどこか賃金の安い海外でやらせておいて、最後にボタンだけをおフランスで付けた場合、その服のタグにはmade in Franceって書いていいのです。まじで。いやまじで。あれ?たぶん。

不安なのでちょっとググりました。
原産国表示のマジック

禅問答のような話だが、現在の原産国表記基準によると、
「最終的な生産(=縫製)国」を原産国として記述するようになっている。
つまり、99%の工程をルーマニアで行ない、最後の1%の工程(ボタンつけとか)をイタリアで行なえば、
それは立派な「イタリア原産」になるのだ。



もしかして? まさか? 洋服の産地偽装って。。。

例えば、イタリア製の生地をベトナムや中国など生産コストの低い国で裁断し、パーツ毎に縫製を行います。バラバラのパーツの状態でフランスに戻し、最終の組み立てと仕上げをそのブランドの本国=ファションバリューのある国で行えば、間違いなく立派にタグには「made in France 」になるのです。



というわけで正しそうです。
もうずっと前にファショコン通信で読んだ記憶もあるし。間違いないはず。

せっかく作ったファッションカテゴリの最初の記事がこんなマイナスなエントリーで始まるのはアレだけど、良い物と悪い物はタグの情報なんかじゃわかんなくて、実際に自分の手で触れて、着て、他の品物といろいろ比べないとわかんないですよと。
そういえばすっと前にY's行った時、「なんか中国製ばっかりやね…」「made in Chinaだね…」とコソコソ言ってるお客さんがいて、タグ見たら確かに中国製だったので、店員さんに「(先シーズンは日本製ばっかりだったのに)中国製多いですね」的なことを言ったら、日本のスタッフが現地まで行って生産の指導をしてるので大丈夫ですよ、みたいなことを笑顔で言われた。確かにこんな複雑なパターンで縫製の難しそうなニットはちゃんとした技術がないと作れないだろうなぁと思いながらレジに向かったのでした。

ところで、最初のアランペイン社の生産国偽装に戻るけど、これって問題の本質はなんだろう。
食品の偽装は安全性の問題があって、極端な話自分の生命にかかってくるリスクがあるので、問題として取り上げられるのはわかるけど、服だと安全性のリスクが問われるわけじゃないし。
例えば同じ型のニットをマダガスカルとイギリスとで作ったとしたら、値段は変えるべきなのかな。流通の関係で値段が変わるのを無視して、単純にニットそのものだけで値段を考えた時に、生産国が違ったら値段も違うのが普通なのかな。物自体は同じなんだから同じ値段でいいのかなぁ。
っていうのは、生産国が違う=製品の質(縫製の技術とか)が違う=値段に差が出てしかるべきっていう話になると、今度は同じ国で作ってても工場が違う場合は違う値段にならないといけないし、工場の中でもAさんが作ったものとBさんが作ったものの値段に差がないといけないし…。

服って大量生産されてるからいまいち現場で作ってる人のことがわからなくなるけど、もしかしたらアントニオストラディバリが作ったバイオリンみたいに、この工場のなんとかさんが作ったニットとかっていうこともあるのかな。ありません。

banner_01.gif

コメント

ファッショといえば、私の代名詞なわけで。

やっぱファッショはイタリアですよね。

ムッソリーニとか好きです。

(このコメント閲覧後、削除希望)

まだコメントを見ていないことを報告します。

なに、この羞恥&放置プレイ!と思ったことを報告します。

↑のコメントの時間が11232311で、逆から読んでも!って思ったけど違ったことを報告します。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://misoshiruufo.blog93.fc2.com/tb.php/152-aa8e5a57

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。