スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

banner_01.gif

衿沢世衣子「シンプルノットローファー」。 

天心モナカことシンプルノットローファー
いつ発売するのかなぁと思って本屋さん行ったら売ってた。
早速読んだ。それはもう楽しみにしてた。衿沢世衣子の新作。
クイックジャパンで連載を読むのを我慢して、待ちに待った単行本。

だったのに。

なんだかいまいちだった。
久しぶりに凄くガッカリした。
やっぱあれだなー期待したら駄目だなー。

なにが面白くなかったのかもイマイチわかんない。
全体的にセリフが多すぎるような気がするし、
全体的に同じような構図というか引きもしないし寄りもしない微妙な絵ばっかりだった気もするし、
各話の最初のページが久米田康治みたいだったし、
でも別にそういうことじゃないんだろうなー。

もうこういうマンガを楽しめる時期が自分の中で終わってしまったんだと思う。

前も書いたけど、衿沢世衣子を大好きなのは、
コミックキューのドラえもん特集でタケコプターのイニシエーションの話を読んだから。
タケコプターで空を飛べるのは子供だけ。
大人になっちゃうと飛べなくなる。
っていう、本当にそれだけの話なんだけど、それが凄い良かった。
あのコミックキューは3冊くらい買って友達に無理やり読ませてた。
タケコプターの話がいいから読んでって言ってるのに、
ほとんどの人が羽海野チカのアンキパンの話が一番良かったって言ってた。

衿沢世衣子は子供が大人になろうとするときの微妙な兆候をうまく捉えていて、
そういうとこに共感したりちょっと懐かしくなったりさせられてきた。
きっと今回のマンガも読む人が読んだらそう思うのかもしれない。
でも自分はもうそういうのに共感できなくなってるのかもしれない。

衿沢世衣子マンガ自体が子供しか飛べないタケコプターで、
大人になった人はもう前みたいに楽しむことはできない、
ということを体現させてくれたみたいで、切なくさせられた。
そんな素敵なマンガを描いてくれてどうもありがとう衿沢先生。

banner_01.gif

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://misoshiruufo.blog93.fc2.com/tb.php/169-5a5a2843

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。