スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

banner_01.gif

JR東京駅復元と写真の構図 

JP東日本の東京駅丸の内赤れんが駅舎を1914年開業時の姿に復元する作業が始まりました。この東京駅丸の内駅舎は通称「赤レンガ」で親しまれ、国の重要文化財に指定されています。
完成図がどんな感じになるかというと、下の感じです。

東京駅赤レンガ


JR東京駅復元図


なかなか綺麗でいいですね…。
と言いたいところですが、Googleのイメージ検索で“東京駅”と入れて検索してみると、なんかちょっと違和感を感じます。
なにかっていうと、構図がどれも斜めから東京駅を捉えた写真ばかりだということです。中には赤れんが駅舎を正面から、東京駅を中心にした構図もいくつかありますが、そうすると今度はやけにアップになっていて全体像を把握できません。どんなに引いたものであっても、駅の両端を写しているものは少ないと思います。

これはなんでなんだろうと思いましたが、実はこういうことのようです。

東京駅復元完成図


JR東日本東京駅


これじゃあんまり分からないかも知れませんが、実は丸の内側から東京駅を見ると、駅の背後に大きなビルがぼこんぼこん建ってるのが見えます。今後もいくつか建築予定のビルがあるようで、ぼこんぼこんがボコンボコンボコンになるようです。

上のほうの完成図では東京駅だけが切り取られていたり、斜めからの構図でビルがなるべく東京駅にかからないように写真が作られています。
東京駅写真を撮った人も、もしかしたら後ろのビルは入れたくないという気持ちから、変な角度の写真や微妙なアップ写真を撮らざるを得なかったのかもしれません。
2011年に新しくなった昔の東京駅?が完成するようです。

東京駅 丸の内駅舎を創建当時の姿に…起工式
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070530-00000015-maip-soci

banner_01.gif

コメント

なるほどね〜。一番、下の写真を見ると、かなりの違和感があるね。そーいえば、東京駅の駅内から出た事があまり無い…

そうなんですよー。
写真撮ってる一般の人は意識的にビルを入れないようにしてるのかどうかわからないですけど、プロの方は完全に意識してビルを排除してるように思います。
私は東京駅に行った事があまりありません…。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://misoshiruufo.blog93.fc2.com/tb.php/41-8a139d03

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。