スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

banner_01.gif

頑張れ学校現場の先生!でも我々は理不尽な要求をする 

親の理不尽な要求、抗議に学校苦慮というタイトルで読売新聞が記事を書いていました。
親が自分の子供を大事に思う気持ちや心配になる気持ちはわからなくもないですが、学校現場で働いている先生としては「なんじゃこりゃ…」と思わずにはいられない要求に苦しんでいるようです。

具体的には、
・うちの子には掃除をさせないで欲しい
・大学受験に関係ない科目は受けさせないで欲しい
・子供同士の些細なトラブルなのに相手の子供を転校させて欲しいと要求
・学力不足の子供に小学生の問題を解かせると、子供のプライドが傷つけられたと抗議
・ピアノの技能は自分の子が一番なのに、なぜ別の子が合唱の伴奏を…と抗議
・教師を中傷する電子メールを教育関係者に送る
などなど。

こうした対応のしようのない抗議で、訴訟を起こされてしまうこともあるようです。外から見る分には笑い話にすぎませんが、実際に関わる人はとても笑えません。
現場の先生方は笑えない不安から逃れるべく、訴訟費用保険に加入する人が急増しているようです。このizaの記事では、「なぜ、うちの子がピラミッドの上でないのか?」なんて苦情も書いてあります。
現場の先生は大変だろうなぁ、…頑張ってください。
もちろん自分が親になったらこうした理不尽というか恥さらしな行動派しないように心がけます。…ってみんな思ってたんだろうな。

ここから個人的な感想。
メディアはある程度大げさに書き立てるので、これはあくまで極一部の現象だと思っているのだけれど、もしかするとそうじゃないのかも知れない。って思うと怖い。
例えばこの記事を読んだ親の大半が、「え、この抗議のなにが問題なの?」って思ってるのかも知れないし。実際のところどうなんだかはわからないけど。あーやだやだ。

ここでの調査対象は全国の道府県庁所在地と政令市、東京23区の計73市区の教育委員会とのことです。こういうのをもっと細かい地域を含めてやったら地域差が出てくるし、さらに理不尽な抗議をしてくる保護者のフェイス項目みたいのをはっきりさせると…。
何らかの因果関係みたいのが見えてしまうんだろうなーと思います。そんなのが明らかにされちゃったらドコドコには絶対に住みたくないとか、都市イメージみたいのも悪くなって人が離れて行ったりとか…。

こういう親に育てられた子供はどう育つんだろう。
虐待を受けた子供が虐待をする親になるような、そういう再生産が行われるのかも。

banner_01.gif

コメント

親を見て子は育つって良く言うよね。うちの親は基本的に放任主義だったので、そういう事はなかったな〜。それにしてもかなり理不尽な要求を先生にしてるよね。先生、可哀想…。

まだこれを理不尽だって言えてる状況だからギリギリセーフな感じですけど、これのどこが理不尽なんだ?って思う人が増え始めて、ニュースにすら取り上げられなくなったらピンチかもですね。
そしたらそれはそれで社会と学校のあり方が全然違った形になるだけかも知れませんが…。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://misoshiruufo.blog93.fc2.com/tb.php/65-24a758b6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。