スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

banner_01.gif

アニメ/ドージンワーク第一話「はじめてのxxx」感想文提出 

2007年、夏の新作アニメ感想文ツアーです。本当はぽてまよやらスカイガールズやらをすっ飛ばして、モノノ怪について淡々と語り合いたいところですが、ドージンワークの感想文(しかも第一話)提出期限が迫っているのでこちらを先に片付けたいと思いマウス。ちなみに第二話は見ていません。これからも見ることはないかも知れません。

原作はマンガのようです。昨日紀伊国屋に行ったらひぐらしのなく頃にの隣に平積みされてありました。実はめちゃくちゃ売れてるかも知れません。…ないなぁ。
アニメドージンワークはまずOPが物凄くしょぼいです。全く動きません。音楽とのリンクもだったりタイミングだったり、絵の動きと音の盛り上がりを合わせようとする意思も感じられない、本当に酷い出来だと思います。って思い出しながら書いたけど、今見たら微妙に歌詞と絵をリンクさせてたのに気付いたのですが、さらに哀愁を誘うだけでした。
我慢して本編へ。

本編はとんでもない構成になっています。前半Aパートがアニメで、後半のBパートは実写です。実写って言っていいのかなんなのかよくわかりませんが、なんかもう違う世界でした。
とにかくAパートのアニメの方から。

タイトル通り同人誌がテーマで、最初からコミケの場面が登場します。
主人公?と思われる女の子(名前覚えてない!)が、コミケ初心者というか単なる手伝いで来るという導入の仕方は上手だと思います。サークルやら同人誌やらといった言葉や、コミケの実体を作品中で主人公に教えると共に、コミケとかを全く知らない一般人に対しても知識の伝達をして話についてこられる土台を作れるからです。
でもはっきり言ってこんなアニメ見てる人は一般人じゃないし、ある程度コミケやらなんやらのオタク文化にコミットしている人だと思うので意味ないかもですけど。
ちなみにコミケのシーンといえば、少し前のらき☆すたでもこなたが親父さんとコミケに行ってた話?かがみとか連れてコミケに行く話があったと思いますが、こっちの方が断然上手く描かれていたと思います。行ったことないから実際にはわからないけど、リアルな感じを受けました。アニメ店長みたいのはいないと思いますが。

主人公はどういう背景があるのか分かりませんが、とにかくお金が欲しい女の子のようです。貧しそうです。そして同人誌が一攫千金のチャンスであると認識して、自分で同人誌を描く…という流れです。初心者が努力して同人誌デビューを果たすみたいな感じで、少年マンガのような純粋さと努力によって最後は報われるという形式だと思います。
主人公がお金に汚い感じなのと、体育会系のものに打ち込むんじゃなくて文化系(しかもサブカル)に打ち込む辺りは今時の流れっぽいです。

さて、前々からアニメマンガ的表現手法について非難してきたのですが(してないか)、今回のドージンワークは逆に評価してもいいような気がしてきました。下のシーンです。
ドージンワークの同人誌
アニメドージンワークのマンガ

どうみてもマンガです。本当にありがとうございました。
きっと演出方法なんでしょうけど、手抜きにしか思えません。わざわざセリフまで文字で入っているところが、「あえて」やってるんだよ感をアピールしていて嫌なんですが、これを評価してもいいかなと思ったり思わなかったりもします。この理由はBパートに関わってきます。

上でも書いたように、Bパートは実写です。声優、中の人が出てきて同人誌を描けとスタッフに言われます。絵に関しては素人同様の声優さんが同人誌を描く…っていう、マンガの物語をマンガの外側の人が踏襲するという構造になっています。特に面白くもなんともないですけどね。作り手は面白いと思ってやったんだと思うと痛々しい気持ちになってきます。これからはもっと人に優しく接することが出来るかもしれません。

そんなわけでマンガを声優が描くらしいのですが、彼女達の描いたマンガがドージンワークだった、もしくはドージンワークの中で主人公の女の子が描いたマンガだった…という完全なメタフィクションとしてこのアニメを終わらせてくれるのならば、このマンガ的手法…っていうか1枚の絵に声を入れただけという酷い作りを評価してもいいと思います。上手く自己完結したね、という評価で。
あーこう書いたら最後の終わり方くらいは見てもいいかなという気持ちになってきました。これを狙ってやっているのだとしたら凄い戦略だと思います。あはは。

banner_01.gif

コメント

追記

あと書き忘れたけどEDも酷かったです。
後姿しか出てきません。確か。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://misoshiruufo.blog93.fc2.com/tb.php/83-debc5ce5

レビュー・評価:ドージンワーク/初版 はじめてのXXX

品質評価 15 / 萌え評価 32 / 燃え評価 1 / ギャグ評価 22 / シリアス評価 1 / お色気評価 45 / 総合評価 23レビュー数 168 件 大学生の長菜なじみは、同級生・露理の誘いで同人誌即売会に足を踏み入れることになる。そこでなじみは多くのカルチャーショックを味わうも、露
  • [2007/07/17 17:02]
  • URL |
  • ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。